スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登りに移りました



19時に穴窯の最後の横焚きの穴を閉め、
登りの1番に移りました。
移った時点での温度は1030度。
これから8~10時間かけて焚きあげます。

登りは、穴窯と違い、横焚きが大変熱いです。

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

登り窯―横焚きへ―

登り窯も昨夜2時頃正面を焚きあげ、穴窯の横焚きに入りました。

やっぱり自然の炎は凄いですね。
久しぶりに自分の作品も入れてあるからかなり緊張、気持ちも高ぶっています。
あと、2日、頑張って焚きあげます。

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


登り窯―昨夜は・・―

 登り窯も27日の夜半から焚き始め
 今日で3日目です。順調に天気にも恵まれ、温度も上がっています。
 今回は順調にいってるし!若いスタッフに任せて私は寝ようと思っていたところ
 「先生!水指が少し倒れかけています。」の一言・・

 
 写真では分かりにくいですが、左の真ん中にある水指が前に倒れかかっているじゃないですか!?
 私の作品は、貝で3点で受けています。
 その受け方が悪いと、焼成中に倒れてしますのです。
 この作品の心配もさることながら・・
 他の作品が気になりだし、一休みするにできない状態に。
 
 何度も覗きながら、薪をくべていたところ
 また水平に戻ってきました!?

 きっと、前と後ろの温度差で貝の中に詰めている童仙坊といわれる土の締まり方に差が生じたのでしょう。
 前から、焼けて。。収縮し前に倒れ、後から後ろが温度が上がり収縮して元通り。

 ほっと一安心して、少し休みました。

 今日が前の穴窯が一番温度が上がる日で、前を止める日です。
 あと、金曜日まで頑張ります。
 
 
12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


只今午前3時前です



現在、午前3時前です。
窯の温度計は980度辺りをウロウロしています。

温度計で980度。つまり焚き口辺りは1000度ほどです。

だんだん、薪をくべるのに熱い!!と思い始めます。

中の火の色も変わってきました。




12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

窯焚き2日目



今日は窯焚き2日目。ここしばらくは、自分の作品を入れて焚くことがなく、今回は久しぶりに自分の作品を入れての窯焚きに、老骨にむちうって岩出工房会員の嶋本さんと盃を酌み交わしながら、朝まで窯を焚く予定です。

只今、900度


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

登り窯―炊き出しー

昨日の窯づめは雨が降るからと気をもみながら
スタッフみんなとクタクタになりながら、
昨夜からの雨も止み、今日はほんとに秋晴れの山での窯焚き、
朝早くから会員さん達の手伝いもあり、窯は順調に800度まで上がって来ています。

今回の窯は土管、灰釉の大作など入れているから、いつもより、少し緊張しています。

焚き出しの方もいつも通り、皆さんに手伝ってもらい、美味しいカレーも出来ました。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

登り窯ー窯詰めー

 今日は、登り窯の窯詰めでした。
 午後より雨との予報のため、朝早くから窯詰めにとりかかりました。

 私の窯「自然窯」は前に穴窯

 後ろに、登りが3部屋と珍しいものです。

 教室の会員さんの作品を一緒に焚きます。
 私の作品は、主に穴窯に入れることが多いです。
 昨日、おたふく灰釉を掛けた大作も穴窯にいれますが、
 釉薬を施けているので、灰があまり被らない上部に入れます。

 ガス窯や電気窯と違い
 腰を低くして入らないといけない穴窯。
 腰をすえて、作品をそえるのですが、一苦労です。

 私の作品は特に、貝で受けるため更に不安定に。それを、しっかりと
 水平をだし、固定させるのはこれも経験が必要となります。

 八木一夫先生の「信楽土管」を模倣した作品も、焚口近くにいれました。
 ここは、熾きが溜まり、作品が熾きで埋まってしまう場所です。いわゆる「灰かぶり」がとれます。

 朝早くからはじめたのですが
 少し登りの3番目で手こずってしましました。
 若いスタッフ達に、任せていますが口を出さずにはいれません・・。



薪です。この窯が焚き上がる頃には、このたくさんの薪の大半がなくなります。
 今日の夜半より火入れしています。
 ~10/1(金)に焚き上げです。

 また随意、窯の様子を報告したいと思います。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

登り窯の釉薬施け

恒例の窯つめと明日からの登り窯の準備で大変忙しい一日でした。
私の大作も穴窯に入れるべき、おたふく豆灰釉をかけました。

また、窯づめの様子は明日掲載します。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


登り窯

明日は登り窯に入れる作品の釉薬掛け。
そして明後日に窯詰めして、その夜半から4昼夜焚き続けます。

ふと信楽焼き登り窯窯元「宗陶苑さんのブログを見ていたら、登り窯の焼成中に屋根に引火したという記事をみて
私自身の体験を色々と思い出しました。

初めのころ、現在の窯作る前の窯での窯焚き。
穴窯が長く、横焚きの焚き口が無く正面からだけで
五メートルほどの奥まで薪をまるで、
ボーリングの球を投げるようにして薪を放り込んでました。

煉瓦の上の窯土まで真っ赤に焼けて、すごい熱気です。
なので、窯を焚く者は水を全身にかぶって、薪を放り込みにいっていました。それで2.3回焚き
そのたびに、窯の熱気でみんな、低温火傷です。
それからドロコンを塗るようになり、穴窯を横から焚けるように横焚きように
横に穴をあけのです。

また、割り木を箸くらいに細く割った方が良いと教えてもらい、割りながら焚きました。
すぐに燃え尽きてしまうので、1人焚くのに対し、4~5人で割り木を割っていました・・。

すごかったです、
なにも分からないまま、やったから、
けど、良い経験です。


そして、家内と二人で焚いている時のこと、
朝、交代に行ったら奥さん寝てしまっていて、
作品前一列冷めて焚きあがってきて、温度があがってきたら、作品ドアが開くように
傷ぐちがあいて失敗の時もありましたね。


今思い出すと、良い思い出です。



12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


湯呑

 楡灰釉を施けた湯呑です。
 

この湯呑にかけている楡の灰釉薬は30年くらい前に燃やして
 その時は、あまりきれいに焼き上がらずほっておいたものを
 最近になり使ってみたところ 
 こんなにきれいな焼き上がりになりました。

中の釉薬の溜まりが青みがかっていて
 大変きれいです。

 
12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





信楽土管

先週、穴窯にいれるべく作った筒


 八木一夫先生の作品に感銘をうけ、今回作ったわけですが・・
 その作品を見たのが十数年前。

 うる覚え・・だったのですが
 うちのスタッフが古本屋で八木一夫先生の図録を探してきてくれて
 
 そこに、この信楽土管が載っていました。
 
                         [八木一夫展1981図録より]

 9月27日(月)~10月1日(金)まで、登り窯を焚きます。
 また、ブログにて窯焚きの様子をお知らせしたいと思います。



12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 

第57回日本伝統工芸展

 第57回日本伝統工芸展が東京・日本橋三越本店にて
 9月22日(水)~10月4日(月)まで開催されています。
 ぜひ、御覧ください。

 私の「碧蒼釉広口壺」も展示されています。

 昨日も今日も、「みてきました」と電話をあちらこちらからいただき
 大変うれしく思っています。

 例年までは、私の作品といえば大豆の黄色。
 皆さん、黄色を探されるようで・・
 この青色に驚かれているようです。

 灰釉に取り組んで40年。
 ここにきて、、青色「碧蒼釉」に取り組み始めました。
 周りからは「何の心境の変化!?」とよく聞かれます。

 この碧蒼釉での入選は今回が初めてです。
 何十枚・何十個と焼き続け、うまくいかず、苦心した釉薬です。
 そのため、今回の入選への喜びは初入選した時のような感激があります。


 東京にはじまり全国各地を回ります。
 地元、大阪にくるのは・・来年の3月になります。
 京都へは10/13(水)~18(月)まで京都高島屋にて。

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 今日は、昨日作った作品の削りで一日が終了。
 明日は、朝から頑張って作ります!!
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 

灰釉の実験

先日からおこなっている灰釉の実験。
 土の違いによって表情が違います。(特に粘土に含まれる鉄分の含有量)
       ↑ももの灰(鉄分を含まない土)

       ↑ももの灰 (鉄分を多く含む土)

       ↑松の灰(鉄分を含まない土) 

       ↑松の灰(鉄分を多く含む土) 


 7年前、大学のギャラリーと大阪三越の個展の時に土味が違うと
 同じ灰でもこんなに違うことを表にして↓こんな風に発表しました。

 
 焼き物は「1焼き2土味3作り」と言われています。
 それくらい、土選びが大切です。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 
 

器を作る時の心得

 器。
 
 使う楽しさ・使い勝手の良さ・愛でて楽しく話題を提供できるような器。
 
 つい手が出て、料理を盛りつけたくなる器。

 そんな気持で器作りをしています。

今日は、器を作りました。
 碧蒼釉で仕上げる予定です。

 個性のある、使ってみたいな~と思われる器。
 私は自分の作った作品で毎晩食事を楽しんでいます。
 
 そして、自画自賛の毎日です。

 本日より第57回日本伝統工芸展が東京・日本橋三越本店にて
 9月22日(水)~10月4日(月)まで開催されています。
 ぜひ、御覧ください。

 私の「碧蒼釉広口壺」も展示されています。


 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 
 

水雲無住

 石黒宗麿先生の書です。
 
 「水雲無住、自由の身、一世の清貧林下の人、随処逍遥すれば春歳歳。
 花に戯むる胡蝶夢なるか 真なるか。」



 行雲流水のように処定めず。 巡り歩く自由な身分である。
一代の間、櫟林の下に清廉なるが故に貧乏をして来た。
こうしていたる処へ、さまよい歩けば、春は年毎にやって来る。

夢が胡蝶になって花に戯れて楽しく暮らせるなんて、夢であろうか、夢でなくて真実なのであろうか。
案外私は楽しい人生を過ごしているようだ。

こんな意味です。


大阪高島屋で何回目かの個展を開催したとき、美術部の人に薦められ、その、当時、清水卯一先生のところによく作品を観ててもらいに行っていた頃です。
東京国立博物館の林屋晴三先生から石黒宗磨の作品を参考にして、造形をするとよい、とご教授されて、夢中で轆轤を回しました。
そのころ丁度よいタイミングで、高島屋で個展開催のおり、近代巨匠展があり、石黒宗磨先生のこの軸があったのです。

 

家宝です。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 
 

この一週間

 今日も、毎週月曜恒例の窯詰めの日でした。
 私の作品も入れるため
 焼き直しの作品を削ったり、先週に引き続き土を変えての灰釉の実験を
 おこなったり、今日も忙しい一日でした。

 この一週間。
 来週からの登り窯に向けて、相変わらず際にならないと
 エンジンがかからず、この一週間で登り窯の作品を作りました。

 この一週間、よく作ったと充実感を感じています。
 
 自分の作品と向き合い、ロクロを回して
 久しぶりの充実感。

 このブログを始めたのも良かったのか
 毎日、ブログに何か載せなければという思いもあり
 過去の自分の作品を見直したり
 毎日の作陶に燃えることができました。

 次は、登り窯を焚く準備にはいります。
 
9・27~10・1まで登り窯を焚きます。
 見学にぜひ、お越しください!

 詳しくは・・土工房轆轤のHPで・・


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 
 

穴窯に向けて!

 二十数年前、新緑がまぶしい季節に 滋賀県立近代美術館へ行った時、美術館の入口の新緑に春の息吹感じ、
 感激しながら 美術館の中に入ると
 感銘を受け、今でも心に残っている作品があります。

 記憶が定かでないですが、確か八木一夫先生の作品だったと思います。
 いつか、このような作品を作ってみたいと思い続け
 今回の穴窯(登り窯)で、作ってみようと思い
 一昨日に、とりかかりました。 

 穴窯の正面に入れるつもりです。
 灰が被り、炎に任せ!焼きあげようと思います。

 9・27~10・1まで登り窯を焚きます。
 見学にぜひ、お越しください!

 詳しくは・・土工房轆轤のHPで・・


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 

癒しのひととき

 今日はテーブル↓↓↓↓↓

 の台座を数個作りました。

 連日のロクロ挽きで疲れていたところに
 会員さんから美味しそうな無花果を頂戴しました。

 あまりの美味しさに、思わず4個も食べました。
 お陰で、あと元気が出て作陶に頑張りました。

そして、私の生活の必需品!!
 
このマッサージ機!手放せません。
 


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 

図録

 過去、日本橋三越・大阪三越・札幌三越・大阪高島屋などで
 個展を開催するたびに

 このような図録を制作し、発表してきました。

 

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

抹茶椀の高台削り

今朝挽いた抹茶椀。
 
夕方には削って仕上げました。

抹茶椀の高台削りは、竹べら・木べらで
一気に一呼吸で削るのがコツです。



一気にいくので、たまには・・・・

こんなこともあります。
12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

茶碗

 茶碗は思いを込めてたくさん作って
 窯に入れても

 これという作品は、なかなか焼きあがらないです。
 数多く焼き上げても、数点もとれないです。

 今回も登り窯に入れる茶碗を作陶中
 

私が気に入っている茶碗を紹介したいと思います。 


胡麻灰釉茶碗です。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

水指し

 昨日作った水指しを仕上げました。
 
 ふたの方が、縮みが大きいため
 削りの時点では、少し大きめで仕上げておきます。

 

 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 

割れました

一昼夜かけて焼き上げて
 今朝、窯を開けてガッカリです。


 この作品、4回目の焼き直しで釉薬がきれいになったのですが
 残念!!です。

ちょっとした、不注意です。
焼き物は窯出しまで分かりません。

また、頑張ります!!

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

―碧―

 碧蒼釉の作品を紹介したいと思います。
 瓢形です。

 そして雫シリーズです。

土工房轆轤スタッフ日記
 ろくろ日記もよろしくお願いします!


 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で古野幸治作陶展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





水指し

  
 水指しを作るのは久しぶりですが、
 今回の登り窯作品を作り出して数日。
 やっと調子が出てきました。

 
 この作品、自分でもなかなか上手くできたと内心・・
 けど焼きあがらないと分かりません。
 だんだん、やる気になってロクロを回しています。

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

写真

 土工房轆轤スタッフです。
 

 ネームカードのスライドショーに使うために
 撮影した古野先生の碧蒼釉の作品の写真。

 写真整理のため、ぼんやりパソコンで一枚一枚見ていたら
 あまりにも綺麗で、スライドショーだと一枚一枚が小さく
 あまりよく見えないので
 一部ですが、あらためて大きくアップしてみました。

 こちらです~。↓


 


土工房轆轤スタッフ日記
 ろくろ日記もよろしくお願いします!


 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で古野幸治作陶展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





大鉢の削り

 先日作った大鉢
 こういった大鉢は、二人で呼吸を合わせて裏返すのですが
 あまりの大きさと重さで大仕事となりました。

 結局、若いスタッフ達総出で力を借りて裏返しました。
 
 削りもロクロを回して一気に作るのと同じで
 
 神経を集中させて一気に仕上げていきます。
 
 あとは時間をかけて乾燥させていきます。
 

 削りで特に難しいのが
 抹茶碗の高台削り。一気に一手で仕上げていきます。
 力強く・存在感のある作品には、削りも大事な工程です。

 また、機会があれば抹茶碗の高台削りを紹介したいと思います。

 この作品には灰釉を施けるつもりです。
 

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

遠方より

 今日は月曜日恒例の窯づめです。
 学園前工房・堺工房からも会員さんが遠方より釉掛けに来て
 
 自分の作品にそれぞれも想いを込めて作業されていました。
 

 釉掛けひとつで作品の焼き上がりの良し悪しが決まるので
 緊張します。

 今日は、自分の灰ぐすりの色見本をいくつか窯に入れました。
 
 何の灰を掛けたか分かるように
 裏に鉄で灰の名前を書いておきます。
 
 これは「いちじく」
 たまに、書くのを忘れて、なにやったんや!?となることも。
 
 さて、綺麗な色になってくれるか。

 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 

窯詰め中



今日は月曜日。
教室の作品と一緒に自分の作品も焼きます。
写真は、仮置きの写真。
 



12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

釉薬施けの極意と本日の作陶

 朝から会員さんに大皿に釉薬を施けるコツ・極意を伝授しました。
 
 一気にしゃくで片手で作品を回しながら素早く均等に
 
 いかに綺麗にかけるか実演して見せて
 後、本人がこれまた一気にしゃくで流し掛けをしました。
 
 
 なんでもそうですが、経験ですからね。
 たくさん失敗しながら巧くなっていきます。

 そのあと、
 今日は、朝から皿を挽きました。
 今日の暑さとクーラーのため乾燥が早く
 夕方には削れる状態まで乾きました。 

 昨日挽いた、瓶も削り、皿も削り終わった頃には
 すっかり、遅くなってしまいました。

 登窯までもう少し追い込みをかけます。

12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。